fountain blog

自分を知る。星読み。日々。考えながら走る?

風の時代の水のエネルギー

日本はちょっとギスギスしてる
雰囲気があるよねと
ダンナさんと話していました。

近年のお金や健康問題、
何かに巻き込まれるかもという不安、
警戒心が高まっていることもあると思います。

そのあたりとは別に
合理性や論理性、思考力と会話力が
高まっていると感じています。
一方で、感情のエネルギーが減っているなーとも。


筋の通った話やスムーズに運ぶやり方は
仕事では必要なことです。
プライベートなどでも
そういう流れが強まりつつあるようで
私の知る範囲ですが若い人に多い傾向。
ちょっと感情の話を入れると
めんどくさい人とか、それが何?と言われ
(しつこくしたわけではないのに)
ウェット感の強い人はへこんでしまいます。


ツイッターは最初のころ
知識人(というのか)のやりとりが中心で
そのうち、今日は何々をしたとか
心のつぶやきを流す一般人が増えると
くだらないものを飛ばすなー!
と彼らは怒ったという話を
あの当時読んだことがあります。

今のネットでも、お気持ち表明という
馬鹿にした意味での言葉を見かけます。

いや、表明したっていいでしょ。
知識や情報だけじゃなく
誰かの気持ちを知ることで
ホッとしたり感動することもあるでしょ
と言いたい。


星読みの界隈で言われる風の時代は
まさに論理、合理、思考的会話の
エネルギーを持ちます。

この風の中に、水のエネルギーがもつ
思いやりや癒しが合わさることで
よりよい風の時代をすごせるのだと思います。

論理的な会話や思考の中に
サンドイッチのように
やさしい言葉や考え方を
はさみこむイメージです。


私の周りには
論理的すぎてギスギスさせるタイプと
感情飽和で周りを振り回すタイプがいます。
ミックスできたらいいなーと思う。

私自身は水のエネルギーが多いので
風の特徴を取り入れて
バランスを取ろうとしてきました。
それが時代として来ているんだなと思います。

ちなみにうちのダンナさんは
もともと論理的なのですが
感情を学んでバランスをとったそうです。
私にとって感情はコントロールですが
彼には学習なんですね。
ほんとおもしろくて好き。